年収制限なしでお金を借りる

キャッシングを始めるとき、「自分の収入ならどれくらいのお金が借りられるのだろう」と言うことが気になります。
キャシングは消費者金融やクレジット社は貸金業法の適用を受けるので年収が影響してきますが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので年収による影響は受けません。

 

「総量規制は年収によって影響する」
消費者金融やクレジット会社は貸金業法の適用を受けます。
貸金業法は2010年に貸金業法の改正が完全施行となり、その中の総量規制で融資をする時に制限が加えられました。
総量規制ではお金を融資する時は、年収の3分の1以内と制限されるようになったので、で多くを借りたいと思っても年収の3分の1を越えた融資は受けられません。
たとえば年収450万円のかたが、消費者金融でキャッシングをする時は最大でも150万円を超えての融資はされません。
また、年収を確認するために、借入希望額が50万円を超える場合や、他社に借入が有る時はその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる時は、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近2〜3カ月分の給与明細など)を提出してもらい、年収を確認することが義務付けられています。

 

「銀行カードローンの限度額は年収に影響されない」
銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法の影響は受けません。
そのため総量規制も対象外になりますので、限度額は年収によって決まるということはありません。
銀行カードローンも基本的には「安定した収入が有ること」が条件ですが、年収による限度額の制限はありません。
したがって、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。
どれくらいまで借りられるのかというのは、申込者の属性で違いが有るので一概には言えませんが、口コミなどの情報を見るとおおむね年収の2分の1までなら借りられたという書き込みもあります。

 

また消費者金融は借入希望額によって収入証明書類が必要ですが、銀行カードローンはそれぞれが独自の基準を設けていますので、100万円以下は収入証明不要のところや、200万円、300万円までは収入証明不要の銀行カードローンがあります。
少しでも多くを借りたい時は、年収に左右されない銀行カードローンがおすすめです。